最近の活動状況・お知らせ
圭陵会報FAXニュース
支部情報

■ 岩手医科大学歯学部同窓会会則施行細則

第1条圭陵会岩手医科大学歯学部同窓会会則に施行細則を設ける。
この会の運営は会則によるもののほか、この施行細則による。
(支部の設立)
第2条会則第6章第22条により支部を設けるときは、支部の会長および役員を定め支部会員名簿を添えて
会長に提出し、その承認をえるものとする。
2.会長はその諾否について理事会および評議員会に報告しなければならない。
(評議員の選出)
第3条評議員は各支部それぞれ1人選出し、会員50人を越える支部は2人とし、支部全会員に100人につき
それぞれ1人を加えるものとする。ただし、会員数100人未満の端数は切り捨てるものとする。
2.各支部は評議員と同数の予備評議員を選出する。
(会長および監事の選出)
第4条会長および監事は評議員会で選出する。
(会費)
第5条会費は原則として各支部毎に一括してその年度初めに本部へ納入することとする。ただし、別途納
入も妨げない。
2.会則第25条による会費の額は別に定める。
(会計年度)
第6条本会の会計年度は圭陵会に準ずる。
(付則) この細則は昭和61年1月1日より施行する。
2.この細則の一部改正は、平成2年12月1日より施行する。
3.この細則の一部改正は、平成3年6月2日より施行する。
4.この細則の一部改正は、平成9年5月18日より施行する。
5.この細則の一部改正は、平成15年5月18日より施行する。
岩手医科大学歯学部同窓会会則施行細則
第5条第2項による会費の額を定める規程
岩手医科大学歯学部同窓会会則施行細則第5条第2項による会費の額を次のとおり定める。
1.歯学部同窓会育成基金(一時金)20,000円
ただし、準会員は卒業時に納入する。
2.年会費年額5,000円
(付則) この規程は平成3年6月2日から施行する。
この規程の一部改正は、平成8年4月1日より施行する。
会(18)
圭陵会岩手医科大学歯学部同窓会慶弔規定
圭陵会歯学部同窓会会員に対する慶弔の意を表するため次の通り内規を定める。
一、慶意を表する場合
1、叙勲その他の慶事に際しては常任理事会が、祝電、祝辞、お祝等を審議し決定するが、緊急の
場合会長の判断で善処し、常任理事会の追認を得ることができる。
二、弔意を表する場合
次ぎの項目に関して、各支部長からの要請に応じて同窓会として弔意を表する。
1、弔電...会員、準会員その配偶者もしくは会員の一親等が死亡した場合。
2、花輪又は生花...歯学部同窓会員、準会員が死亡した場合。(二万円以内)
3、弔辞...葬儀委員等より要請のあった場合常任理事会の承認をえて、会長もしくは副会長が弔辞
を読む。但し、常任理事会は支部長に対して支部において会長名で弔辞を作成し、代読すること
を依頼できる。
4、前各項いずれにも該当しないものは常任理事会の決定により定めるが、緊急の場合は会長の判
断で善処し、常任理事会の追認を得ることができる。
(附則) この規定は平成5年5月23日から施行する。
圭陵会岩手医科大学歯学部同窓会役員選挙施行規定
(目的)
第1条この施行規定は、圭陵会岩手医科大学歯学部同窓会会則第7条第2項に定める役員の選挙の実施に
関し、必要な事項を定めるものとする。
(選挙の公示)
第2条選挙の公示は、選挙の期日の30日前までに圭陵会報等に公示しなければならない。
(選挙事務の管理)
第3条選挙事務の管理は歯学部同窓会会則第12条第2項の評議員会議長の監督のもとに庶務部長又は事務
管理部長が選挙管理委員長となってこれを行う。
2 選挙事務管理者は、選挙に関する事務を担当し、立候補の受理、候補者一覧表の作成および選挙録
の記載等を行うものとする。
(立候補の届出)
第4条役員に立候補しようとする者は選挙公示の日から選挙期日の15日前の正午までに所定の文書で歯学
部同窓会事務局に届出なければならない。
2 会員または支部が候補者を推薦しようとするときは、候補者本人の承諾書を添えて文書で届出なけ
ればならない。
3 候補者が届出るべき事項は次の各号である。
⑴ 立候補する役職名(会長1名又は監事2名)
⑵ 氏名、年齢、住所、卒業期別、所属支部名
⑶ 推薦による立候補者については承諾書
⑷ 推薦者名
(立候補の辞退)
第5条立候補の辞退は、選挙開始前までに文書で届出た場合にはこれを認める。
会(19)
(選挙)
第6条評議員会において議長は役職別の候補者一覧表を評議員に公示し、選挙を行う。
第7条選挙の実施は次の各号に従い行う。
⑴ 投票用紙は所定のものを使用する。
⑵ 選挙は出席評議員の投票により行い一人一票とする。委任状による投票は認めない。
⑶ 議長は評議員中より選挙立会人2名、開票管理人2名を指名し選挙執行を主宰する。
⑷ 投票の方法は無記名とし、会長は単記制、監事は2名連記制とする。
⑸ 開票は役職ごとに投票終了後直ちに行う。
⑹ 次の各号の一に該当する投票は無効とする。
イ正規の用紙を用いないもの
ロ候補者でない者の氏名を記載し、または含まれているもの
ハ定数を越えた氏名を記載したもの
(当選人)
第8条第4条にある届出のあった候補者がその選挙する定数を越えてないときは、投票によらないで当選
人を決定する。
第9条投票による当選人は有効投票の多数を得た者から順に決し、最下位当選得票数が同数の者2名以上
の場合は、議長が同得票者の中から抽選で当選人を決定する。会長の選挙にあっては有効投票数の3
分の1以上の得票がなければ当選とはなしえず、この場合は上位2名で決戦投票を行い決定する。
第10条選挙において役員の一に当選した者は、他の役員の被選挙権を失うものとする。
(当選証書)
第11条議長は選挙終了後直ちに各役職別の当選人に当選証書を交付し、総会に報告する。
(欠員の補充)
第12条役員に欠員を生じた場合は、会長があらかじめ指名した順序にその職務を代行する。
なお任期は前任者の残任期間とする。
第13条この施行規程に疑義を生じた場合、または定めなき場合は、その都度評議員会の議を経て決定し実
施するものとする。
(附則) この施行規定は平成5年5月23日から施行する。
2.この規定の一部改正は、平成15年5月18日から施行する。
会(20)
申合せ
1.岩手医科大学歯学部同窓会は、会員から緊急時の支援のため、歯科医師派遣について申し出があった場
合、その派遣について岩手医科大学歯学部同窓会長から岩手医科大学歯学部に派遣要請をすることがで
きるものとする。
2.派遣にあたっては、別紙「岩手医科大学歯学部同窓会休業時歯科医師派遣要項」により行うものとする。
3.岩手医科大学歯学部長は、岩手医科大学歯学部同窓会長から、第1項の派遣要請があった場合は、速や
かに、且つ適切に対応するものとする。
4.前各項の申合せにおいて疑義が生じたときは、双方が改めて協議するものとする。
以上
平成8年9月3日
盛岡市中央通1−3−27
岩手医科大学歯学部
歯学部長坂巻公男
盛岡市中央通1−3−27
岩手医科大学歯学部同窓会
会長藤田達夫
岩手医科大学歯学部同窓会
休業時歯科医師派遣要項
岩手医科大学歯学部同窓会と岩手医科大学附属病院歯科医療センターとは、歯科医師の派遣については、
次の要項によりこれを行うものとする。
(派遣要項)
第1条岩手医科大学歯学部同窓会は、その会員が傷害、傷病等により歯科診療業務の履行が困難となった
場合、歯科医師(以下「派遣歯科医師」という。)の派遣を、岩手医科大学附属病院歯科医療センター
に要請することができるものとする。
(派遣歯科医師)
第2条派遣歯科医師については、岩手医科大学歯学部同窓会長の要請により、岩手医科大学附属病院歯科
医療センターが選定する。
(派遣期間)
第3条派遣期間は原則として2週間以内とする。ただし事情を考慮し可能な限り柔軟に対応する。
(就業時間)
第4条派遣歯科医師の就業時間は、原則として午前9時から12時、午後2時から5時までとするが、細部
についてはその都度打合わせをして決めるものとする。
(医療過誤についての責任)
第5条医療過誤については、派遣依頼元の歯科医師、又は医療機関と岩手医科大学歯学部同窓会が共同責
会(21)
任で解決するものとし、派遣歯科医師には金銭その他、一切の負担を負わせないものとする。
(派遣歯科医師の経費)
第6条1.派遣歯科医師が、業務遂行上に必要な経費は、派遣要請をした歯学部同窓会の負担とする。
2.派遣歯科医師への報酬は、当分の間、以下の通りとする。
大学卒後2年未満の歯科医師は、1日当たり25,000円(税込)
大学卒後2年以上の歯科医師は、1日当たり35,000円(税込)
とする。
3.前項の報酬の他、交通費の実費を負担する。
4.報酬等の支払は、岩手医科大学歯学部同窓会より、派遣終了後2週間以内に派遣歯科医師に支
払うものとする。
(派遣の中止)
第7条本要項に違反する行為があった場合、岩手医科大学附属病院歯科医療センターは派遣を中止するこ
とができる。
(その他)
第8条本要項に定めない事項および、疑義を生じたときは岩手医科大学歯学部同窓会と岩手医科大学附属
病院歯科医療センターにおいて協議し、決定する。
(附則)
この要項は平成8年9月3日から実施するものとする。
会(22)