最近の活動状況・お知らせ
圭陵会報FAXニュース
支部情報

■ 圭陵会会則

第1章総則

(名称)

第1条本会は圭陵会と称する。

(構成)

第2条本会は第6条に定める会員をもって構成し、圭陵会岩手医科大学医学部同窓会(以下「医学部同窓

会」という。)ならびに圭陵会岩手医科大学歯学部同窓会(以下「歯学部同窓会」という。)を置く。

(事務局)

第3条本会は事務局を盛岡市内丸19番1号岩手医科大学内に置く。

(目的)

第4条本会は会員相互の親睦、福利厚生を図り、学術研修を行い、もって岩手医科大学の発展に寄与する

ことを目的とする。

(事業)

第5条本会は前条の目的を達成するために次の事業を行う。

⑴ 会員の福利、共済

⑵ 機関誌および会員名簿の刊行

⑶ 研修会等の開催および研究奨励

⑷ 岩手医科大学の後援

⑸ 岩手医科大学圭陵会学術振興会の後援

⑹ その他前条の目的を達成するために必要な事業

⑺ 準会員(本学在学生)の支援

第2章会員

(会員の種類および資格)

第6条本会の会員は次の通りとする。なお、正会員は何れかの支部の一つに所属するものとする。

⑴ 正会員

岩手医学専門学校または岩手医科大学の卒業生

 前記 を除く岩手医学専門学校または岩手医科大学の現、旧教育職員

他大学出身で本学において研修した者

⑵ 準会員

岩手医科大学医学部、歯学部ならびに薬学部に在籍中の学生

⑶ 特別会員

本会に功労があった者、または学識経験者で会員の推薦により幹事会において承認された者

第3章役員

(役員の種別)

第7条本会に次の役員を置く。

⑴ 会長1名

⑵ 副会長若干名

⑶ 幹事長1名

⑷ 副幹事長2名

⑸ 幹事25名以上35名以内(うち若干名を常任幹事とする)

⑹ 監事3名

2 監事は他の役員と相互に兼ねることはできない。

(役員の選出)

第8条会長および監事は代議員会において正会員 のうちから選任する。

会(1)

2 副会長のうち2名は医学部同窓会長ならびに歯学部同窓会長をもって当てる。

3 副会長のうち前項以外の若干名、および幹事は会長が前項の2名の副会長に諮って任命する。

4 その他役員の選出に関する事項は別に定める。

(役員の職務)

第9条会長は本会を代表し会務を総理する。

2 副会長は会長を補佐し、会務を掌理し、会長に事故があったとき、または欠けたときは、会長があ

らかじめ指名した順序によりその職務を代行する。

3 幹事長は幹事会の意を受けて日常会務を協議執行するとともに、事務局を統括運営する。

4 副幹事長は幹事長を補佐し会務の執行に当る。

5 常任幹事は常任幹事会を構成し、本会の事業方針を審議するとともに、それぞれの担当会務の処理

に当る。

6 幹事は幹事会を構成し、会務を執行する。

7 監事は民法59条(監事の職務)の職務を行う。

8 監事は幹事会に出席して意見を述べることができる。

(役員の任期)

第10条役員の任期は3年とし、再任を妨げない。

2 補欠による後任役員の任期は前任者の残任期間とする。

3 役員は任期が満了した場合においても後任者の就任するまでは、その職務を行う。

(役員の解任)

第11条役員に役員としてふさわしくない行為があったとき、または本会の名誉を傷つけ、あるいは本会の

目的趣旨に反する行動があったときは、代議員会において出席者の4分の3以上の同意によりこれを

解任することができる。

2 前項の規定により役員を解任しようとするときは、解任の決議を行う代議員会においてその役員に

弁明の機会を与えなければなこの細則の一部改正は、平成13年6月17日から施行する。

(附則) この細則の一部改正は、平成16年6月20日から施行する。

(附則) この細則の一部改正は、平成18年6月18日から施行する。