• 2021.10.18
  • サイト新着情報

『廃業と承継の 比較』~「廃業」するとこんなに大変! 「承継」できるとこんなに幸せ!~【小さな会社の事業引継ぎ・M&A マッチングサイト活用が成功のカギ】

新連載「小さな会社の事業引継ぎ・M&A マッチングサイト活用が成功のカギ」です。

第1回目は「『廃業と承継の 比較』~「廃業」するとこんなに大変! 「承継」できるとこんなに幸せ!~」です。小さな会社の経営者や、中小零細企業を顧問先に抱える会計事務所の方々にお読みいただきたい解説です。

 

 

[解説]

税理士 今村仁

 

 

 

  • 2021.10.12
  • サイト新着情報

株式交付制度の概要と活用時の留意点【解説ニュース】

『株式交付制度の概要と活用時の留意点』についての解説記事がアップされました。

 

事業承継対策で活用される組織再編の手法の解説です。今回は改正会社法により創設された「株式交付制度」の概要についてまとめました。

 

 

[解説]

税理士法人タクトコンサルティング(吉濱 康倫/税理士)

 

 

 

 

 

 

  • 2021.10.11
  • サイト新着情報

株主の所在が分からない株式の整理方法【M&A・事業承継の専門家によるコラム】

M&A・事業承継の専門家によるコラム『株主の所在が分からない株式の整理方法』がアップされました。

 

中小零細企業経営者や経営者をサポートする専門家の方が抱えるM&Aや事業承継に関するお悩みを、中小零細企業のM&A支援・事業計画支援を専門で行っている株式会社N総合会計コンサルティングの平野栄二氏にアドバイスいただきます。

 

[解説]

株式会社N総合会計コンサルティング

平野栄二

 

 

 

 

 

 

 

  • 2021.08.27
  • Webセミナー
  • 入門
  • 専門実務
  • 事業承継

「経営者と税理士で共に考える事業引継ぎを成功させるための手順」

『税理士等の専門家のみなさまへ顧問先のオーナー経営者にも是非ご受講をお勧めください』

主催:株式会社税務研究会 協賛:独立行政法人中小企業基盤整備機構

 

 ※上記動画が再生されない場合はこちらをクリックください。

≪動画再生≫

https://www.zeiken.net/embed/5855

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

(再生までお時間がかかる場合がございますので少しお待ちください)

 

 

 

 

これだけは押さえておきたい

『経営者と税理士で共に考える事業引継ぎを成功させるための手順』

~実際の事業引継ぎの流れに沿って経営者とともに考えておくべきことを整理する~


①引継ぎ案件の具体例
成功事例と失敗事例

 

②経営者と税理士で考える事業引継ぎの手順
経営者と税理士がともに考えるべきポイントを事業引継ぎの手順に沿ってシートをもとにご解説

 

③事業引継ぎを検討している経営者のギモンと解決策
中小企業・小規模事業者の経営者の方からよく質問される事項

 

④事業承継・引継ぎ支援センターの活用方法
中小企業M&Aで活用できる国の支援措置(税制、補助金など)

 

◇質疑応答

 


2021年7月20日収録

 

独立行政法人中小企業基盤整備機構 宇野 俊英

  • 2021.08.06
  • Webセミナー
  • ひな形資料
仏像や能面など角材から荒彫りするのに最適な彫刻刀 メール便 彫刻刀 木彫のみ 極浅丸 3mm 赤樫柄 刃物 職人 木工 木彫 道具 荒彫り 仏像 能面 道刃物工業 三冨 D up

TL1000R・S(97~01年) オイルテンプメーター用センサーフィッティング(M14×P1.25) DAYTONA(デイトナ)

「M&Aで売り手企業が準備する必要がある資料一覧」

※Webセミナー解説はございません。

 

「M&Aで売り手企業が準備する必要がある資料一覧」資料データ! M&Aに関する各種資料サンプルデータ公開中!

 

 

[サンプル(イメージ)]

 

 

枚数:計1ページ(A4サイズ)

 

 

[ご利用にあたって]

※本ページのひな形は、あくまでも一例となっております。使用する内容にあわせて、文言などを適切に追加・修正・削除してご利用ください。法令等は改正等される場合もございますので、ご使用の際には法律の専門家に相談することをお勧めします。

※契約書等のひな形の使用結果について、著者及び株式会社税務研究会は一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

※本ページは、予告なく公開を終了する可能性がございます。

 

※Webセミナー解説はございません(資料のみダウンロードしてご活用ください)

  • 平野 栄二
  • 株式会社N総合会計コンサルティング チーフコンサルタント  
  • 2021.03.18
  • Webセミナー
  • 入門

マッチングサイトを使った 会計事務所が携わるべき「スモールM&Aビジネスの始め方」(中小零細企業を支える会計事務所向けセミナー)

マッチングサイトを使った 会計事務所が携わるべき「スモールM&Aビジネスの始め方」

(中小零細企業を支える会計事務所向けセミナー)

 

1.スモールM&A業界が活況なワケ

①今や3社に1社が経営者「70歳以上かつ後継者未定」

②政府発表「第三者承継支援総合パッケージ」とは?

③ガイドライン改訂の経緯

④仲介手数料に補助金支援!?

⑤少子高齢化、意識の変化、金融緩和、政治の変化で案件増加!(コロナの影響は?)

 

2.ネットを使ったお相手探しは本当にうまくいくのか

①今まで廃業しか選択肢がなかった年商6千万円の会社が売れる!?

②ポイントは、「ネットの使い方」と「トラブル防止」

③毎年10件以上、現在41件成約の秘密大公開!(ネットの流儀)

④だから、会計事務所(税理士事務所)の本来業務にすべきなんです!

⑤スモールM&Aの仕組みを知れば、廃業先が新規顧問先に!

 

3.3つの諦め(あきらめ)ご存知ですか?

①国の諦め

②M&A業界の諦め

③小規模企業の諦め

 

「マッチングサイトを使った 会計事務所が携わるべき「スモールM&Aビジネスの始め方」」より

2020年12月11日収録(ZEIKEN BRIDGE 2020)

 

〔関連サービス〕

◆[ZEIKEN LINKS 「スモールM&A」お任せサービス]

 

〔関連コンテンツ〕

◆[マッチングサイトを活用したスモールM&A]

 

  • 今村 仁 /税理士、宅地建物取引士
  • ビジネスサクセション株式会社 代表取締役/マネーコンシェルジュ税理士法人 代表税理士
  • 2020.09.23
  • Webセミナー
  • ひな形資料
  • DD

「買主側から見た『財務デューデリジェンス』の実施手続きと見るべきポイント(例)」(資料ダウンロード)

「買主側から見た『財務デューデリジェンス』の実施手続きと見るべきポイント(例)」

※Webセミナー解説はございません。

 

「買主側から見た『財務デューデリジェンス』の実施手続きと見るべきポイント(例)」資料データ!   M&Aに関する各種資料サンプルデータ公開中!

 

 

[サンプル(イメージ)]

 

 

 

枚数:計11ページ(A4サイズ)

 

 

[ご利用にあたって]

※本ページのひな形は、あくまでも一例となっております。使用する内容にあわせて、文言などを適切に追加・修正・削除してご利用ください。法令等は改正等される場合もございますので、ご使用の際には法律の専門家に相談することをお勧めします。

※契約書等のひな形の使用結果について、著者及び株式会社税務研究会は一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

※本ページは、予告なく公開を終了する可能性がございます。

 

※Webセミナー解説はございません(資料のみダウンロードしてご活用ください)

  • 野村 昌弘 /公認会計士、税理士
  • アヴァンセコンサルティング株式会社 代表取締役
  • 2020.08.25
  • Webセミナー
  • ひな形資料

書籍『会計事務所の事業承継・M&Aの実務』掲載資料データ!「秘密保持等に関する誓約書」(資料ダウンロード)

「秘密保持等に関する誓約書」

※Webセミナー解説はございません。

 

書籍『会計事務所の事業承継・M&Aの実務』掲載資料データ!  M&Aに関する各種契約書等のひな形データ公開中!
■秘密保持等に関する誓約書

 

 

[サンプル(イメージ)]

枚数:計3枚(A4サイズ)

 

 

[ご利用にあたって]

※本サイトの書式は、あくまでも一例となっております。使用する内容にあわせて、文言などを適切に追加・修正・削除してご利用ください。法令等は改正等される場合もございますので、ご使用の際には法律の専門家に相談することをお勧めします。
※契約書等の書式の使用結果について、著者及び株式会社税務研究会は一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
※本サイトは、予告なく公開を終了する可能性がございます。

 

※Webセミナー解説はございません(資料のみダウンロードしてご活用ください)

 

 

  • 辻・本郷税理士法人/辻・本郷ビジネスコンサルティング株式会社
  • 2020.06.03
  • Q&A
  • バリュエーション

類似上場会社法における類似上場会社の選定

Q

「類似上場会社法」において、評価対象会社と事業内容、規模、収益性、成長性等が「類似する上場会社を選定」するとのことですが、留意点を教えてください。

 

 

[関連コンテンツ]

◆M&A実務で採用される事業価値評価方法

◆評価アプローチごとの算定方法